今から会える人 Twtter

「今から会える人」探しでTwitter(ツイッター)を使う危険性

「今から会える人」探しでTwitter(ツイッター)を使う危険性

 

Twitter(ツイッター)は趣味を共有したり、日ごろの何気ない状況をつぶやきなどにして発信するツールです。

 

そのため多くの方がTwitterを利用して情報を発信しています。

 

しかし近年、このTwitterを利用して今から会える人を求めている男女が増えています。
Twitterを利用した出会いが下記のようなパターンになります。

 

Twitterを利用した出会いのパターン

 

「今から会える人」探しでTwitter(ツイッター)を使う危険性

 

・趣味の情報を共有して仲良くなり二人でやり取りするパターン

 

・つぶやきなどを読んでもらい人間性に惹かれてやり取りするパターン

 

・Twitterを介して友達の友達を検索し、口説くパターン

 

このようにTwitterを介して出会いを求めることは十分できるようになっています。

 

そのため当初はメール感覚でやり取りをして気が合えば二人で会うといった感じで利用されていました。

 

しかし、最近ではTwitterでの出会いをうまく利用して詐欺行為を行っている方が出没してきています。

 

そしてTwitterでは自分の情報を載せていることが多く、
自分の所在地や名前が筒抜けとなっており、
詐欺行為を行う方々はそういった情報をうまく利用して詐欺行為を働いています。

 

「今から会える人」「今日会える人」等での詐欺行為・危険性

 

「今から会える人」探しでTwitter(ツイッター)を使う危険性

 

その詐欺行為の一例が下記になります。

 

・女性を装って男性にTwitterでアクセスし、別サイトなどに誘導する

 

・女性からの誘導により別サイトに入ってしまった結果、自宅に請求書が届く

 

・出会いを求めているふりをして男性に近づき、男性と関係を持った上で脅される

 

・メールアドレスなどを教えてしまった結果、不特定多数の方からメールが届いてしまう

 

Twitterでの出会いを利用した結果、上記のような詐欺に合ってしまう可能性があります。

 

例えば女性の中には別のサイトに誘導してくる方がいます。

 

別のサイトに誘導することでそのサイトでお金を使わせたり、
最悪の場合自宅がばれているなどして自宅に高額の請求書が届くこともあります。

 

また、Twitterを介して女性と出会い何らかの関係を持った後に、
恐ろしい男性から脅迫されることもあります。

 

つまり、その女性が実はその脅迫してきた男性の奥さんであったり彼女であるということから、
人の女に手を出したということで脅迫されお金を要求されるのです。

 

また、メールアドレスを公開していたり、
特定の方に教えることで身に覚えのないところからメールがたくさん届くといったことも起こりえます。

 

このようにTwitterを介して出会いを求めてしまうと大変なことになるのです。

 

自分の情報を載せていなければ問題はないのですが、
Twitterはあくまでも自分の情報を第三者と共有することを前提としているため、
個人情報を一切載せないということは不可能です。

 

そのため出会いアプリやサイトで相手を探すようにして、Twitterを出会いの場として利用して「今から会える人」を探すべきではありません。

 

・現在ランキングNO1 >>ミントC!Jメール(18禁)

 

・TOP ランキングへ戻る >>本当に今から会える出会い系の掲示板をまとめた結果※暴露